実験処理レポート

実験処理レポート

HOME >  製品開発事業  > 実験処理レポート
  • 驚きの実験結果 最先端環境科学で魔法のように生ゴミが消えます!

    何も投入していない機械の中に、下記の12種類の食品(生ゴミ)約20kgを投入し実験をしました。

    約2時間後、大部分の食品(生ゴミ)は水蒸気とCO2に分解され、エネルギー触媒だけが残された状態でした。

実験結果

[ 実験処理のようす(動画) ]
処理時の水蒸気
投入直後
投入直後
30分経過
30分経過
1時間経過
1時間経過
2時間経過
2時間経過
  • 処理メカニズム(有機性廃棄物を分解)

    最先端 生ゴミ処理機 「シンシン」 「未来Clean」は、有機性廃棄物を分離する触媒が最もよく活動するように作られた機械です。
    家庭で発生した生ゴミ(有機性廃棄物)を無機物と水蒸気・CO2に分解します。

  • 約20kgの生ゴミを1~2時間で処理!

    上記の処理時間は投入した生ゴミ(水分を含む)の処理が完了した標準的な時間です。
    生ゴミだけの処理時間は約1時間程度です。

製品仕様はこちら
PAGE TOP